建売住宅は絶対に「収納」をチェックして!

建売住宅の見学会では、「思ったより広い!」「外観から想像していた以上に広いじゃん!」などという感想が出やすいものです。まあ、実際に建売住宅の間取りの効果もあるのかも知れませんが、けれども何も入っていない状態の住宅が広く見えるのは、当たり前のことですからね。

新居での生活をはじめるべく家具が入れば、グッとスペースは縮まりますから。
ですからここで、チェックして欲しいのは「収納」です。建売住宅の見学において、絶対とも言っていいほどに「収納」はチェックしておかないといけませんよ。部屋を広くするのも狭くするのも収納次第なところがありますからね。

とくに住宅の完成品を販売する建売住宅の場合ですと、見学の時点では広く見えるというものですから。家具が入っていませんから、当たり前のことでしょう。しかし、いざ家具や家電を入れてみると「思っていたよりも狭い…」ということになりかねませんからね。

しかしここで、ちゃんと収納が用意されている建売住宅ならば、生活のスペース自体は変わりませんから。だって、収納用の家具で部屋が狭まりませんから。そしてだからこそ、「建売住宅は収納のチェック」が重要なのです。

収納が少ない住宅ですと、当然家具で収納を補わなくてはなりませんので、部屋が狭くなりがちだったりするのですよね。

 

<PR>JALカード|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|貯蓄|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|女性の人生|初値予想|女性向けエステ.com|内職 アルバイト|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|アフィリエイト相互リンク|心の童話|お小遣いNET|英語上達の秘訣|