home11 のすべての投稿

家庭菜園できる新築住宅

家庭菜園で水菜・ルッコラ・ラディッシュ・ミニトマトなど植えています。新築住宅を購入する際には、家庭菜園ができる物件にしたいと思っていたので、駅近くだと土地の値段も高く、けっこう庭がない家が多かったので、駅から少し離れた物件を購入することにしました。駅から離れると庭付きで駐車場完備の一戸建ても多々あり、予算の範囲内で一戸建てを探すことができました。

 

なので、家庭菜園で収穫して色々と楽しみたいと考えていましたし、家庭菜園は食費節約に繋がるので、一戸建てを購入後は長期間で住宅ローンを返済していくことになるため、しっかりと計画を立てることにしました。住宅ローンも長期間支払うため、なるべく節約できる部分はやっていこうと思い、家庭菜園は必須です!天候不良により、野菜もかなり高騰しているので、そういう時に家庭菜園で美味しい野菜が新鮮に手に入るのは最高です!なので、こうした楽しみ方は重要だと実感しています。

一戸建てを購入後に後悔したこと

一戸建てを購入して後悔したことがあり、それは雨の日ですが、水はけがかなり悪いので、庭など水浸しになるのはとても困ります。台風や大雨などで雨がかなり降る時には、庭が水浸しになって溢れる感じなので、ここまでなるとは思っていませんでしたし、大雨の時に新築住宅を見学していなかったので、これはマイナス点だったな〜と後悔しています。悪天候の時も一応、見学しましたが大雨ではチェックしなかったので、やはり住んでみないとわかならない部分も多々あります。

 

一戸建て購入時にそういう部分を確認することも重要なので、大雨が降った時は、しばらく庭の水が引くまで待っていないといけないですし、かなり足元も汚れるので、これはマイナス部分です。なので、芝生を植えたり、色々と考慮して対策しています。けっこう台風なども多々くるので、大雨に成った時の対処方法など考慮しておくべきだな〜と実感するようになりました。マイホームは雨も考慮すべきです!

一戸建てを購入して少し後悔したこと

念願のガレージ付きの新築一戸建てを豊田市に購入して大抵は満足できていますが、一つだけ後悔したことがあります。それは最寄り駅からやや遠くて徒歩で15分くらいかかることです。
勿論購入する時は最寄駅からの若干時間がかかるのを承知で決定しました。購入前は大したことがないと思っていましたが、実際に住んでみて毎日駅まで行くことにやや苦痛を感じるようになりました。
雨が降っていなければ自転車で行けるのですが、雨の日は歩くにしても自転車で行くにしても大変です。今は若いからまだ良いですが、年を取った時のことを考えると不安は少なくありません。
その他は大満足できているので総合すると購入して良かったと思います。特にスーパーが豊富で買い物に困ることがありません。緑も多くて心も休まり休日も自宅で過ごすことが楽しく感じるようになりました。
今後一戸建てを購入する機会はあるか分かりませんが、大したことがないと思っていても毎日暮らすと苦痛に感じることがあるので、もう少し考えてから決断しようと思います。

注文住宅を建てるための土地選びのポイント

注文住宅は好みのデザインにしたり生活のスタイルに合わせて間取りを決めることができ、こだわりを持てるため同じ場所で家族で長く安心して暮らせることが魅力です。土地は最新の不動産情報サイトで場所ごとの坪単価を確かめ、失敗をしないように決めないと後悔する羽目になります。地価は主要駅から近いと高くなるものですが、車や自転車があれば離れた場所にしても不便にならないためアドバイスにしたがって決めることにしたものです。

家族で生活をする時は通勤や通学に便利な場所を探したいものですが、人気があるため最適なタイミングで決めないと失敗する羽目になります。注文住宅は土地の坪単価が安いと確保できる場所が広くなりますが、高いとその逆になるため難しいもので苦労したものです。

注文住宅を建てるための土地選びのポイントは周辺の状況を確かめ、同じ場所で長く安心して暮らせるように決めないと失敗すると実感しました。土地は資産価値があるため今後の人生を安心して暮らせ、不動産会社と相談するとアドバイスをしてもらえて良かったです。

お風呂は掃除しやすい開閉式のシンプルドア

豊田市に注文住宅で家を建てました。注文住宅のちょっとしたこだわりポイントなんですが、それは「お風呂の戸」ですよ。アパートのような折りたたみ式のお風呂の戸は、絶対に嫌だと思っていました。

なぜ、折りたたみで開閉するお風呂の戸が嫌だと思ったのかというと、それは「掃除が大変だから!」という理由です。バスルームだけに言えることではないのですが、マイホームは凹凸がない方が掃除がしやすいんです。

そしてカビが生えやすい風呂場なんてとくに、凹凸がない方がいいにきまっています。とくにバスルームの戸は、ゴムパッキンの部分を含めて、掃除がしづらいというものじゃないですか。

だからこそ、少しでも凹凸部分をなくすために、お風呂の戸はシンプルな開閉式のドアにしたのです。引き戸も検討したのですが、しかしその話をした友人から「風呂場は引き戸にしない方がいいよ。掃除の部分が多くなる」とアドバイスを受けて、結局オーソドックスな開閉式の風呂ドアにしたのです。

一戸建てを建ててよかったこと

今まで賃貸マンションに住んでいた我が家が知立に新築一戸建てを購入した一番のきっかけは、子供でした。
5階建てマンションの3階に住んでおりました。二人の子供のうち、下の子はまだ赤ちゃんで上の子も三歳くらいだったので遊ぶ際に物音を立てることが多く、注意はしても音を立てずに過ごすことは難しく、常にお隣や下の階の方にご迷惑にならないか気を使いました。子供達が活発に遊んでも気を使わなくていいように一戸建てを購入しようと決意しました。
家づくりの際に考えたことは、暮らしやすさや手入れのしやすさです。始めは無垢の床に憧れがあり、無垢素材にする予定でしたが、子供達が小さいうちは床にジュースをこぼしたり、物を落とすと、
色が染みてしまうのですぐに拭かなくてはいけない、床がへこみやすいという理由から断念しました。
ワックスがけ不要、衝撃にも強い人工素材の床にしました。
家を建てたことにより子供達がのびのび遊べるようになり家族も満足です。

昔ながらの大工に頼んだ、注文住宅

もう、20年前ぐらいの事です。

私は21歳で、13歳年上の男性と結婚しました。主人の実家は田舎の古臭いしきたりに縛られてるような家庭で、嫁はまず、男子を産まないといけない、雰囲気がありました。21歳で娘を産み、25歳で息子を産みました。

そこで、東京でマイホームを建てる話があがりました。

夢のマイホーム。私はワクワクしました。

しかしながら、嫁の私の意見は全く無視。主人と主人の親、義兄だけで話がすすみます。義理の親の家を建てた大工に建てて貰う事に決まったのですが、先代は亡くなり、今はその息子が大工をついでいました。しかしながら、大工の腕は先代とは違い、いまいちのようでした。

早速、間取りから住宅にかかるお金などの話が、私抜きで始まりました。誰の家を建てるのかと、半分ムカつきながらも、反抗も出来ずにいました。

それでも、新築のマイホーム。嬉しくないわけはありません。始めは順調に進んでいた建設現場。ところが、3ヶ月あたりでピタッと大工が来なくなりました。

大工に催促の電話をしても、全く来ないのです。

私は不安になりました。前金は既に払ってます。雨ざらしのまま、進まない家は、そのうち柱が腐りはじめるのじゃないかと思いました。

義理の親の知り合いのため、強くも言えず、ただ、大工がやり始めるのを待つしかありませんでした。

結局、完璧に完成させないまま、金額も残金は払わず、マイホームに引越しです。

引越しした後も、出来上がってない風呂場には、業者が入り、落ち着かない生活でした。

いくら親の知り合いでも、こんなクソ大工に頼んだ事に大後悔しました。

現在は、この家は中古で売り払い、自然素材の家のハウスメーカーが建てた注文住宅に住んでいます。

戸建て住宅の立地について

私は広島に住む40代の会社員で、駅から直線距離で1.2キロ、徒歩約15分の広島市内の新築一戸建てに住んでいます。戸建て住宅の立地について意見を述べたいと思います。

まずは駅から近いかどうかです。あまり近すぎると、ショッピングモールやマンションが近接していたり、交通量が多くて騒がしかったりします。
逆に遠いとバス・バイク・自転車を使用せざるを得ず、その分費用がかかったりします。夜遅くなど場合によってはタクシーを利用せざるを得ないこともありますし、バイク・自転車であれば、雨の強い日はたいへんなことになります。私が思うに、駅から2キロ以内、出来れば1.5キロ以内であれば、無理なく歩いて通える距離かと思います。そういう意味では、今の私の立地は結構気に入ってます。

それから物件についてですが、空き地を探してそこに家を建てる場合、新参者となり、近所の方となじみにくかったりすることがあります。出来れば数十戸などまとまって開発されたときに入居すると、周りの方とも同じような環境なので仲良くしていけるのではないかと思います。

また、その土地が住宅地か、工場などが近くにないかも知っておく必要があります。
特に重要だと思うのは、はタイミングです。駅からそこそこ近くて、ある程度まとまった開発というのは、そう頻繁にはありません。普段から広告・チラシに目を通したり、別のエリアであれば友人にも頼んだりして、アンテナを張っておくことが必要です。
一旦見学に行った業者であれば、広告に出る前、優先的に情報をくれたりします。
要は、まめに情報を入手し、足を運び、タイミングを逃さないことが必要かと思います。
以上、ご参考まで。

自然豊かな秩父市に住んでみたい

私が育った所は広島のリフォームした注文住宅でしたが、大学の間は埼玉の方に住んでいました。仕事とかあんまり考えずに決めるなら、埼玉の秩父市に住んでみたいです。

私が育った所は群馬の田舎ですが、大学の間は埼玉の方に住んでいました。
そこは住宅の密集地で私にはちょっと辛いものがありました。四年ほど
住んでいましたが、やはり慣れませんでした。

私は自然豊かな場所に憧れがあります。季節の花々が咲き乱れ、四季が目で
分かるような自然あふれる場所に住みたいのです。そこでたくさんの花を育て、
野菜も作って、自給自足していくのが夢です。

私は趣味で山登りをしますが、毎月のように登っていると四季の移り変わりが
本当に美しく、そしてとっても癒されるのです。それこそマイナスイオンが
出ているような、その場にいるだけでリラックスできるのです。

毎日、仕事と家の往復をしていると、たくさんの自然をゆっくりと見つめる
機会もあまりありません。今も群馬の田舎に住んでいますが、もっとたくさんの
緑がほしいと思うのです。私に都会は合いません。自然豊かな場所、そんな所に
住みたいのです。周りに自然があり、素敵なぬくもりのある一軒家に住みたいです。

そんな中で埼玉の秩父市は自然豊かで川も澄んでいるいるイメージなので、
私にとっては理想の場所なのです。